コエンザイムQ10完全ガイドCoQ10 Guide

メインイメージ

コエンザイムQ10の効果と加齢の関係

コエンザイムQ10はもともとダレの身体にもある物資です。

コエンザイムQ10は強い抗酸化作用があり腎臓や心臓、肺など身体のあらゆる機能に働きかけていくため肌への影響にも大きくかかわっています。
そして抗酸化作用の強いため、血管がつまらないようにする効果で生活習慣病や糖尿病などからも守ってくれる効果があります。

このように身体が錆び付かないようにしてくれる効果のあるコエンザイムQ10も20代を境に年齢と伴に身体の中で生産される物質量は減少していきます。

30代40代になると生産量は30%も落ち込み、80代ともなると20代のころの半分の量の生産も出来なくなります。
コエンザイムQ10が減少することでその働きは鈍くなり身体も酸性化しはじめ、さまざまな病を引き起こしたり肌はシミやしわが目立つようになってきます。
加齢と伴に減少していくコエンザイムQ10は外から補ってあげなくてはなりません。

普段の食事からコエンザイムQ10を摂取しようとすると、牛肉900g、イワシ6匹、ブロッコリー3キロ以上など多くの食材をこれだけの量を1人で消費しなくてはいけません。

なかなか難しいことなのでコエンザイムQ10の成分が豊富につまったサプリメントがおすすめです。
最近では各社よりコエンザイムQ10のサプリメントが発売されています。